会社設立の4つのメリット

会社設立

・会社設立のメリットについて
会社設立をすることによって得られる4つのメリットを、ここで詳しく紹介したいと思います。
今現在、法人化に悩んでいる人は、どのタイミングで個人事業主から法人にするかの参考にしてもらいたいと思います。

・消費税優遇措置の対象になる
法人設立することで最大2年間は、消費税を徴収しても税金として課税されないことになります。
厳密に言えば1年間の優遇措置で、残りの1年間は条件を満たした上で適用になります。
法人立ち上げ時期は赤字になりやすいため、その時期の消費税を免除にしてもらえるというのは、非常に助かる制度です。
ただし、この制度を適用にするためには資本金を、1,000万円以下にしなければならないという条件があります。
仮に1200万円の資本金を預け入れてしまった場合、消費税の優遇措置を受けられませんので十分注意が必要です。

・損失の繰越控除の期間が長くなる
個人事業主と法人との違いのひとつに、損失の繰越控除の期間の長さが挙げられます。
個人事業主が最大3年間までの繰越控除が認められているのに対して、法人の場合は、9年間の損失繰越が認められています。
この制度を利用すれば、最初の9年間は役員報酬を高くして会社の売り上げを少なくし、赤字で決算すれば、軍資金を手元に残すことが可能になります。
正しい赤字の期間が長いと、会社としての信用度が育たず、金融機関からの融資が受けられなくなってしまいますので注意が必要です。

・社会的地位が向上する
法人の会社を設立することで、本格的に看板を掲げて商売をすることになりますので、社会的地位が向上するというメリットがあります。
何か別の事業を始める時にも、会社の看板があれば集客しやすいですので、このメリットを活かして、どんどん事業展開をしていくと良いでしょう。

・法人化するデメリット
色々なメリットがある法人設立なのですが、デメリットもあります。
それは、法人税が発生してしまうということです。
法人税は、例え一年間の売り上げが赤字決算で終わったとしても、法人税均等割だけは課税されてしまいますので注意が必要です。
しかも、その金額は法人成りした個人事業主にとっては、少々高い金額になってしまいます。
例えば、資本金1,000万円以下の会社の場合、年間で最低7万円の法人税均等割分を納付しなければならなくなります。
売上が黒字になった場合は、法人税均等割分に加えて法人所得税額は課税されてしまいます。
これらの税制のデメリットも加味した上で、法人成りを検討しなければなりません。